スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メモ 
 
[化学処理する]
●重曹で煮て一晩おく(アルカリで汚れを溶かし、
 また汚れの油脂成分と鹸化反応して表面張力を低下させコゲを浮かす)


●酢で煮て一晩おく(酸で汚れと金属表面を溶かす)


●クエン酸で煮て一晩おく(酸で不純物・金属表面を溶かす。酢酸よりも弱い酸。)


●日光に晒す(紫外線による汚れの光分解)


●鉄の焼き切り(汚れを炭化させ、金属の膨張で剥離させ油で浮かせる。
 油を捨て、鉄が熱いうちに水流でごしごし洗う。
 その後、錆止めとして油膜を形成させるためにクズ野菜を油で炒める。)


●重曹+(粉石けん/洗濯用洗剤)でスポンジ磨きする(+ソフトな研磨効果)
 テフロンのようなプラスチックを磨くには最適。

※粉石けん/洗濯用洗剤で煮るのは、重曹で煮るのと原理は同じで強さが違う。
 (重曹(炭酸水素ナトリウム)溶液は煮ると→セスキ炭酸ソーダ→炭酸ソーダと、
 徐々に強いアルカリになる。これらは洗剤の原料で単体でも売っている。)


※雪平鍋などのアルミ鍋に重曹を使うと黒ずむ。

  黒ずみを溶かすには酢かクエン酸で煮る。




[研磨する]
●卵の殻で磨く(研磨剤。こげが落ちる。)

力技で研磨する場合、最初は粒子が粗い研磨剤を用いて、
徐々にキメの細かい研磨剤を使いる。
磨きが荒いままでは傷がつき、そこからまたこげの原因となる。


●スチールウール→クレンザー→激落ち君
ここまでは、たいていの鍋に傷をつくる。


●→ステンレス用研磨剤/ピカール/コンパウンド
程度の細かさになれば、ようやく傷が目立たなくなる。

※電動工具にワイヤーカップなどを装着して磨くのもいい



 
 
 
がんばれがんばれ
 
 
声援ありがとうございます!
お鍋が焦げたときに参考にして下さいね。

いつだったか「恋人のこんなところが可愛い」みたいなお題のときに
「カレーでさえ焦がす」(ちょっと違ってたら本当にすみません!!)とボケてらしたのを思い出しました。
カレーは意外に焦がしやすいです・・・!
恋人がカレー焦がしたときには教えてあげてください(・U・)ノ

solitudeさんからコメントが頂けると思っていなかったのでかなり嬉しいです。
いつだったか、企画スレを使ってリレー小説を書く・・・みたいな企画があったと思うのですが
そのときに走れメロスの冒頭を改変した文章を作ってらしたのも凄く印象に残っています!

PHPでまた一緒にボケられる機会があると嬉しいです^^
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。